業者に土壌汚染調査を依頼|事前に見積もりを取って費用を抑える

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 地震による液状化への対応

地震による液状化への対応

工事

大規模な地震によって液状化は発生し、頻度としてはそれほど多くないのが一般的ですが、一度発生すると、建物や道路など幅広い範囲にわたって影響を与えます。特に、東日本大震災の際に発生した液状化は非常に大規模なものであり、復興までの期間が長くなる大きな要因となっていました。そのため、将来発生するであろう大規模な地震に対応するため、液状化対策が重要視されるようになりました。液状化対策をすることによって、建物や道路が傾くのを防ぎ、地震が起きた際にも建物への負担を軽減する効果があります。この対策は建物の安全性を高めるだけではなく、資産価値が減少するリスクを防いでくれるため、長く、安心して住み続けるためには必要なことです。

液状化対策は、建物の安全性や資産価値を守る上で非常に大切なことですが、いくつか注意点が必要です。主な注意点としては、建物を建てる際に液状化対策を行うのと、すでに立った際に液状化対策を行うのとでは実際にかかる費用や工事内容にに大きな差が出ることです。建築する際に対策を行う場合、柱に鉄柱を入れ、固定するという方法が行われますが、すでに建築済みの一軒家やマンションに対してこの対策を施す場合、新たに柱に鉄柱を入れることは困難なため、建物の地盤を固めるという作業になります。工事内容が異なると、地震や液状化に対する効果に差が生じるため、建築する際に液状化対策を行うほうが、費用や被害を軽減する効果は大きいです。