業者に土壌汚染調査を依頼|事前に見積もりを取って費用を抑える

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 地盤の安全性を確認する

地盤の安全性を確認する

工事現場

調査の仕方

地盤調査は、建物を建てる際にその土地の基盤となる土を調べていくことです。建物の安全性を確認していくため、建設工事には欠かせない作業となっています。この地盤調査は、スウェーデン式サウンディング試験といった方法がほとんどの現場で実行されています。これは、スクリューを地面に埋め込んでいく方法で、これによって土の中の状態を細かく調べ上げます。他にはボーリング試験もあり、これはおもりを土に落下させて打撃回数から調べていく方法となっています。この試験の特徴は硬い土の層であっても、掘り進むことができるところです。このような地盤調査は、それを専門に調査する業者が行います。建設とはまた違う分野となるため、専門業者が行っていくのが望ましいです。

調査の必要性とは

地盤調査が必要な理由は、地盤の強弱によって建物に悪影響をもたらしてしまう可能性があるからです。その可能性を高めてしまうものに、災害が挙げられます。災害には地震や大雨などがあり、大きな規模になってしまうと地盤が崩れてくる可能性が高まります。これが地盤が弱い土地であると、災害の他にも経年によって建物が傾いてしまう現象も起こりえます。建物が傾くと、室内のドアが開かなくなったり、外壁に大きなひびが入ってしまうようになります。こういった現象を避けるために、安全な地盤であるかどうかを事前に確かめなければいけません。日本は国土の半分以上が山で覆われている地域となり、災害が多い特徴もあるため、地盤調査の必要性はとても大きいです。丈夫な地盤は、建物を長く支える役割となるので、この地盤調査で安全面をより重視する必要があります。