業者に土壌汚染調査を依頼|事前に見積もりを取って費用を抑える

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 住宅を支える地盤調査

住宅を支える地盤調査

作業員

地盤調査の種類と重要性

地震の揺れは震源からの距離に比例して均一に伝わるものと思いがちですが、実際には地盤の性質によって伝わり方が大きく異るものです。河口付近や後背湿地・埋立地などは軟弱地盤が多く、地震の揺れも増幅されて大きくなる傾向が見られます。水分を多く含む地盤では大きな地震の揺れで粒子間の水分が浮上する液状化現象が発生し、その上に建つ住宅等に被害を及ぼす恐れもあるのです。住宅建築の際にはこのような地盤強度を考慮した設計が求められるため、現在では事前の地盤調査が広く行われています。SWS試験とも呼ばれるスウェーデン式サウンディング試験の他、ボーリング試験や平板載荷試験などが代表的な地盤調査の方法です。このうち平板載荷試験は道路工事の際にも路床や路盤の強度を調べる手法として利用されており、地盤反力係数や極限支持力を直接測定できる点が特徴です。平板載荷試験を実施する際には基礎に相当する深さまでバックホー等で穴を掘り、直径30センチの鋼板を水平に設置して重機とジャッキで荷重をかけます。SWS試験やボーリング試験と比較すると、基礎工事を行う深さの地盤に荷重を直接かけられるだけに重要なデータが得られるのです。

住宅設計に重要な情報提供

このような平板載荷試験は専門の地盤調査会社が請け負っており、SWS試験やボーリング試験と合わせて実施されるケースも少なくありません。それぞれの地盤調査方法には長所と短所があるため、複数の方式を実施して補い合うことで精度の高い地盤情報が得られるのです。平板載荷試験では荷重の大きさに対する沈下量を測定することによって、K値と呼ばれる地盤支持力係数が求められます。この数値は住宅設計を行う際にも重要なデータとなり、K値が小さい場合は地盤を改良する工事を実施することが必要です。軟弱な地盤と判定された場合でも深層部分には固い地盤が存在しますので、その深さまで杭を打ち込む工事を行うことで地震に強い住宅を建てることができます。かつてはこのような地盤調査の技術が十分でなく、基礎工事の手法も現在ほど発達していなかったために、大地震で住宅が倒壊する例もありました。現在の科学力でも地震の発生そのものを防ぐことはできませんが、住宅への被害を防止するだけの技術は確立されています。平板載荷試験やSWS試験などのしっかりとした地盤調査と地盤強度に応じた住宅設計により、住宅の耐震性と安全性は格段に向上しているのです。